舞台

3月10日・朗読と歌によるこんさあと「いのちかけて」~知里幸恵、金子みすゞ、金田千鶴~

 ふじたあさや&吉岡しげ美プレゼンツ

ふじたあさやの作・構成・演出、吉岡しげ美の音楽でおくる

朗読と歌による こんさあと 「いのちかけて」

いのちかけて未来を生きた三人の墓碑銘

~ユカㇻ伝承者知里幸恵、童謡詩人金子みすゞ、歌人金田千鶴~

 

「この三人を忘れてはいけない、ということを訴えるために、ぼくは三本の芝居を書いて、演出しました。それぞれ高い評価を頂きましたが、それは音楽の良さによるものでした。三作とも作曲は吉岡しげ美さん。三月十日は、金子みすゞさんの命日です。この際、この三作の、歌と朗読による、短い総集編を作ろうと、二人で計画しました。この三人を忘れないために!だって、まだこの三人を必要とする日本ですから。(ふじたあさや)

作・構成・演出:ふじたあさや  作曲・演奏(ピアノ)・歌:吉岡しげ美

出演:加來梨夏子、今野鶏三(劇団民藝)、劇団わが町、演劇集団「演劇宿」

日時:2024年3月10日(日)<開演>第一公演13:00、第二公演17:00(開場30分前)

会場:川崎市アートセンターアルテリオ小劇場(小田急線新百合ヶ丘駅徒歩3分)

料金:一般4000円、学生2500円、小学生1500円、障がい者割引3500円

主催・お問い合わせ・チケットお申込みKAWASAKIアーツ

Tel:044-953-7652、Fax:044-953-7652、メール:kwskarts@gmail.com

 

【公演情報】 – KAWASAKIアーツ

siff2.sakura.ne.jp